7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>

ブログ引越し
†SILLY GAMES
とくに変わり映えなく。

| author : datura | category: 日々 | comments (0) | trackback (0) |
サルベージ
過去ログは2006年の11月の最後のほうからあった。その前のブログが11月の初めで終わっていて、切り替えたばかりの頃の分は、これもカスタマイズに失敗して消えてしまったのだった。でも本当になくなった分は1ヶ月弱ですんだことになる。まぁ、あったからどうということもないし、公演の感想とかも書ききれていないものが多い。戦前戦後あたりの古いレビューについて書かれた本を読み漁ってる時期があって、それらの記事は資料として残っててよかったと思う。

正確な日付はわからないけど、2007年の4月の終わりか5月の頭の記事でこんなのがあった。
今後いろいろな公演で『春のおどり』の場面が使われると思うけど、私が見たいのは桜花ちゃんで「花びら浴びて」。松竹座で見ていたときは最後の場面がすごく寂しい感じがして、それはそれで私の好みではあるのだけどなんだか腑に落ちなかった。前半のコミカルで可愛くてポップな感じとちぐはぐ。いや、前半だってピエロだけ見ていれば孤独とか哀れとか切なさを感じるけど、でもどっちかというとマーガレットとガーベラの元気なガチンコ対決のがインパクト強い。

「子供から大人になる(という解釈が私の周りでは多く、それは妥当なものだと思う)」という落ちがあんなに寂しく感じられたのは、音楽や照明や桜の群舞が消えていく効果にもよっているだろうけど、大ちゃんのキャラのせいもあると思うのだ。これが退団公演じゃなかったとしても、やっぱりどこか哀しい雰囲気になっていたはず。

で、桜花ちゃんなら後半のシリアス調でもあのラストでもそんなに寂しかったり哀しかったりにはならないと思うわけだ。最後も「大人になって嬉しい!」ってニコニコしてくれそうじゃないですか。「これでマーガレットもガーベラも僕のもの!」って勢いではりきってる笑顔が目に浮かぶ。そういうキャラのほうが(たとえまた振られたとしてもたぶんぜんぜんめげないだろう)あのパワフルなマーガレットやガーベラに似合っていて、前半と後半のイメージのズレも軽減されるのではなかろうか。

欲を言えばこれは武生で見たい。桜は下級生ばっかりで松竹座でのハイレベルなダンスをそのまま再現するのは無理だろうけど、しかしドタバタしていてエネルギッシュで「せいいっぱい頑張ってます!」風な桜はそれはそれで可愛くて楽しいだろう。武生に若木ちゃんと北原さんふたりともってわけにはいかないから、マーガレットとガーベラも別の人になるな。私はマーガレットに折原さん、ガーベラに櫻子ちゃん希望だけど、たぶんほかの人でもぜんぜんはまると思う。あれは私はすごくOSKの娘役らしいキャラだと思う。好き好き。
2007年の「春の踊り」の場面はちっとも再演されてないけれど、今年の春の「スワンレイク」はまさにそんな場面だったなぁ、と。まさか若木ちゃんも北原さんもいなくなってるとは思わなかったけれども、それどころか何人も上級生が退団しているのに、群舞として見劣りしていなかったのは凄いと思う。今にして思うと、私、「花びら浴びて」より「スワンレイク」のが好きだなぁ。やっぱりピエロの衣装とか子供キャラとか最後の青年の衣装とかが好みじゃないというのもあるし、とにかく明るくて威勢のいい「スワンレイク」のほうが、より「OSKらしい」気がする。なーんて他の人が言ってたらブンむくれるに決まってるんだが、「Treasure」以来の機嫌のよさが、テンションは下がったと言えども続行中なのだろう。


| author : datura | category: OSK&大貴誠 | comments (0) | trackback (0) |
副産物
新しいぶろぐんをインストールしようとしたけど上手くいかなかった。どうもmysqlでひっかかってるような気がする。サーバーでphpMyAdminを開いてみたけど、何がなんだかさっぱりわからん。今あるDBを削除して作り直したらいいのかしら……ってか、今あるDBって何? 現存しているぶろぐんは全部TEXT版だった。ってことは?と考えてあちこち眺めてたら、やっぱり、これ壊れたブログのデータだわ。あの2007年1月から9月までのやつ。わーわーわー。しかしそのデータベースの中身を見る方法が分からなくて、かなり四苦八苦してしまった。最終的には↓のページを見て解決した。

データベースのバックアップ - WordPress Codex 日本語版

ポイントとしては下記の部分。SQL形式以外はよくわからんので試してない。
●構造、「DROP TABLE」を追加する、「AUTO_INCREMENT」値を追加する、逆クオートでテーブル名やフィールド名を囲む、の3つにチェック。
●その下の「データ:」のチェックボックスはチェックして、その内側のチェックボックスは全てチェックしないまま。
ダウンロードしたファイルは文字化け化けだったけど、テキストエディターでUTF-8に変換したら読めた。本文と、コメントとかと日付は全部バラバラに保存されているので、記事の日付はわかりにくいけれど、法則はあるはずなので、解析することはできるだろう。もっとも本文だけで、いつ頃の話かわかるので、それで十分だけれども。

そんなこんなで激動の日々(っていうか、むしろ抜け殻の日々)をバックアップしたところで、思い切って全削除して、再度インストールしてみる。……できない。やはり同じところで引っかかる。あちこち検索しまくって、思いつくことは片っ端から試したけれど解決しない。公式サイトの掲示板見ても同じような不具合の報告すらない。途方にくれきったところで、ふと掲示板にアップロードされていた「最新バージョン」に気がついた。え?え?え?ダウンロードページにあったやつが最新版じゃないの?えー?MySQL版がインストールできないのってバグだったの!?

うー。うー。うー。あちこち調べたり試したりしてて、同じデータベース内に複数のぶろぐんを設置するときは「テーブル接頭語」を変える、という方法が分かったのでよしとするか(ロリポはデータベースを1つしか作れない)。スムーズにインストールできてたら、過去ログが残ってたことにも気がつかなかったわけだしね。とりあえず最新バージョンの「BlognPlus v2.6.2RC版」でインストール成功。7月末に正式版リリースということなので、それまでにぼちぼちカスタマイズしておこうと思う。


| author : datura | category: 日々 | comments (0) | trackback (0) |
MJについての追記
生前の彼への関心度を考えると、私が今さら何を言う義理も資格もない。ただ、一昨日のフジの追悼番組で司会者やコメンテーターが「マイケルは黒人であることにコンプレックスがあった」「白人に憧れていた」と言い切っていたことにとても違和感があって、今までなんとなく耳に入っていた噂以上のことを知りたくなった。その司会者はマイケル・ジャクソンに好意的だったと思う。自分でも「マイケルのスキャンダルが報道されるたびに、彼を擁護してきた」と言っていたし、番組の中でも少年への「性的虐待」で訴えられた件について、「訴えたほうがお金目当てだったという話もある」と言っていた。だから別に誹謗するとかいうつもりはぜんぜんなく、むしろそうせざるを得なかったことに同情している口調だったけれども、それでも私には「マイケル・ジャクソンは白人のような外見を求めて顔と肌の色を変えた」という話は納得できなかった。

黒人歌手としてデビューして、あれだけ有名になってから肌の色を白くしたところで、白人扱いされるわけがないし、それくらいのことは誰でもわかる。それなのに、マイケル・ジャクソンは体を壊すほどの強い薬を使ってまで肌の色を変えた。それだけ白人への憧れが強く、白人にはなれないという現実を認めることができないくらい病んでいた……という流れがなんとなく気に入らなくて、その番組やネットでいろんな映像を見ていたら、もっとはっきり「違うんじゃないか?」と思いはじめた。実際のところ、そういう気持ちがあったのかなかったのか、私には断言はできない。本人がどんだけ否定したって「無意識に」ということはあるだろう。でも、インタビューとかニュースの映像見てたら、マイケル・ジャクソンって、そんなに異常な人じゃないんじゃないかって気がしたのよね。なんとなくだけど。自宅遊園地とかビッグカメラ貸切とか聞くと一般人とスケールの違いに驚くけど、でもそういう話とはぜんぜん次元が別じゃないか?と。

それでちょっと検索したら、すぐに「尋常性白斑」という病名がひっかかった。マイケル・ジャクソンが「肌が白くなったのは病気のせい」と言ったとき、「そんなに綺麗に真っ白になる病気はない」という意見がけっこうあって、私もなんとなく病気だというのを信じられないでいたけれど(かと言って、そんなに綺麗に真っ白になる薬があるというのも信じられなかった)(まぁ、私にとって良い意味でも悪い意味でもマイケル・ジャクソンの肌の色なんてどうでもよかったのだ)、どうやら決して彼の肌は「綺麗に真っ白になった」わけじゃなかったらしい。まだらに変色したのを、褐色が多いときは褐色に、白い部分が増えたから白に合わせていたのだな。不自然に白く見えたのはファンデーションも使っていたからか。

テレビの報道番組を見ていたときにくらべたら、これらの情報にはものすごく納得いった。さらにリンクをたどっていたら、性的虐待で訴えられた件も、最初の1993年の事件からしてマイケル・ジャクソンはゆすられただけだったということも書かれていた。ネットでちらっと読んだ話を丸ごと信じていいのか?と突っ込まれたら困るのだけど、それでも私はテレビの人が言うことよりずっと真実味があると思うなぁ。マスコミのイメージを鵜呑みにしていたのは自分自身だが、少なくとも「追悼番組」だったら、病気のことも訴訟のことももっとはっきり「こういう事実がある」ということを言うべきだったんじゃなかろうか。その事実を聞いたうえで「やっぱり信じられない」という人がいても、それはそれで仕方がないけれども。

黒人→白人 マイケルジャクソン/教えて!HMV
1~3の解答は、私が今まで知っていたマイケル・ジャクソンに対する一般的な認識。

マイケル・ジャクソンの肌について その1/マイケル・ジャクソンが白くなった理由
ファンが作ったページ。マイケル・ジャクソン以外の尋常性白斑患者についても言及して、これがどういう性質の病気なのかということも解説している。YouTubeの映像を見るとマイケル・ジャクソンの肌も実はかなりムラがあったようだ。

マイケル・ジャクソンが白くなった理由:本人による告白1993年2月10日のオプラインタビューより/マイケル・ジャクソンが白くなった理由
上記のサイトの記事のひとつ。このインタビューが日本で放送されたときの映像はこっち「マイケル・ジャクソンの白い肌の秘密:Michael Jackson vitiligo/マイケル・ジャクソンが白くなった理由」。見比べてみると、ニュアンスがだいぶ違う。

マイケル・ジャクソンの1993年の性的虐待疑惑 - Wikipedia
少年自身の「嘘の証言をした」という告白も、父親の計画も証拠が残ってるんじゃん。私が見た報道番組のなかでは、ネバーランドの中の、少年の写真が壁一面に貼られた隠し部屋の映像が流れてた。司会者やコメンテーターは直接的な言葉じゃないけど、「いかにもそういうことをしそうな人の部屋」と言ってるように感じた。正直、それを見た段階では、虐待という言葉が当てはまるかどうかはともかくとして、何かしらの行為はあったんじゃないかと思ってしまった。ごめん。腐的にあまりにも美味しい設定だったもので、つい。最近、無罪が確定した他の裁判についても、とりあえずWIKIが分かりやすかった。10件の訴えはぜんぶ無罪になったというのを、私はてっきり10人に訴えられたということかと思っていたが、そういうことではなかったらしい。
マイケル・ジャクソン裁判 - Wikipedia


| author : datura | category: 日々 | comments (2) | trackback (0) |
な…直った?
ロリポのユーザーページの「php.iniの設定」をいじったら直った気がする。少なくとも自分の環境では普通に見られる。原因はやっぱりわからない。手当たり次第に「UTF‐8」にできるところをぜんぶ変更しただけ。「mbstring.language」は「japanese」でも「neutral」でも変わらないっぽい。まぁ、とりあえずこれで様子見(してるうちにどうでもよくなって、このままだと思う)。ホームページを作ってからけっこうたつけど、自分のミス以外でデータが消えたことがないのは運がいいのか悪いのか。まぁ、でもブログの引越しは実行しよう。他のサービスに移行することも考えたけど、ロリポがお値段据え置きで容量が大幅に増えるし(私は容量追加してるから2GBになる。デフォだと1GB)、ぶろぐんもこないだバージョンアップがあったので、またこの組み合わせでいいかな、と。ぶろぐんより洗練されたシステムはあるはずなんだが、さすがにもう新しいの探すのめんどくさい。操作性は気にいってるし。あと悩み中なのはアルバムだな。fotologueがものすごくカッコいいんだけど、大量の写真を整理しにくいのが難点。フォルダを10個しか作れないってどういうことよ。


| author : datura | category: 日々 | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑