7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

劇団花吹雪 7月24日(木)昼








■ラストショーはたしか「新よさこいソーラン」と言っていたと思うがさだかではない。他曲名は省略。というかあんまり聞き取れなかった。集中力落ちてるなぁ。写真もそーとー駄目駄目な感じ。選んでこれかよ、みたいな。そもそもいつもの半数以下しか撮ってないし。とにかく撮りにくい席だった。まぁ、近いから迫力はあったけどね。

■お芝居は「安太郎時雨」。春さま、まさかの三枚目。いやー驚いた驚いた。こないだ都若丸を見た後「あんな変顔メイクするような三枚目は、春さまはやりそうにないよねー」とか言ってたけど、やってくれたわ!変だよ!すごい変だよ!てゆーか春さま変顔メイク上手すぎる! 寿美さんとか若さまは「これでもか!」ってくらいいろいろ書き込んで、マンガみたいな顔そのままにする感じなんだけど、春さまの場合は一見ナチュラル。なんというか、ついうっかり「ああ、この人はもともとこういう顔なんだ」と思ってしまうような絶妙な書き加減だった。

■で、まぁ、その春さま演じる紋ちゃん=紋次郎ってのがいろいろとやらかすわけですが、笑わせどころの9割が下ネタってのはどうなのよ(ちなみにあとの1割は安太郎@京之介さんに殴られてるとこ)。しかもホンットに実も蓋も捻りもなんもない、ものすごい直球ストレート。こんなえげつない舞台は初めてだよ!と本気で思った。いや、笑ったよ、笑いましたよ。大笑いしましたけど、なにせほら歌劇ファンですから。ねじってたたんで棒状にした手ぬぐいを股間で上下させたりされても困りますから。暗闇のなかの死体(という設定)の真ちゃんを「なんだこれ?」と言いながら撫で回すのはいいんですけど、足指を一本ずついじいじしてたのは大いに萌ましたけど、そんなずいっと上のほうまで触んなくていいですから。てゆーか!堅くなったとか柔らかくなったとか言ってんじゃねーよっ!ホンットにもー!これだからリアル男子は!って言ったら世の中のリアル男子の皆様に申し訳ないねっ! 死体の真ちゃんをおぶって運ぶというところで、死体が動いて紋次郎の目を隠しちゃうんだけど、その目元にある真ちゃんの手を舐めようとして舌を思いっきり突き出してる図というのも、なかなかすごいものがあった。いやとどくわけないですから、つーかおぶってる真ちゃんのお尻をいじりまくるのやめてあげてください。

■これ以外にもいろいろあったんだけど、けっこうしっかりネタ覚えちゃってるし笑うだけ笑ったし、そもそもエロ方面は嫌いじゃないけど、あれを認めるかというと悩むなぁ。なんか舞台を盛り上げるよりも、舞台を壊そうとしてるようにしか見えなくて、それはそれで「そういう所が好きなんだよ」と思わないでもないけど、良いか悪いかって話になるとなぁ。まぁ、大衆演劇の場合「安い値段で頑張ってます」という大前提の前には良いも悪いもないんだろうけどね。「笑ったんだからいいじゃん」みたいな。いやいいんですけどねー。あーあれか。何が引っかかってるかというと、下ネタが嫌というよりは、下ネタで笑っちゃう自分が嫌という感じか。同じ下ネタでも、小学生かお前は!方面のなら「馬鹿だこいつ(笑)」ですむんだけど、春さまのネタはふつーに18禁だからなぁ。親兄弟と一緒に見てるテレビの濡れ場的な気まずさを感じるし、勝手な想像だけど春さまはその気まずさをあえて突きつけてきているようで怖い。

■って、お前もエロネタでどこまで語ってんだよ!みたいな話ですが。そういや近々「駿河遊侠伝」をやるらしい。わーい。寿美座長の三枚目はそれこそ老若男女にOKって感じで安心して笑えるから、なんの躊躇もなく好き好き。春さまの三枚目(および三枚目っぽい)芝居は目の前にいる京之介さんや真ちゃんや京ちゃんをターゲットにしているように見えるけど、寿美さんはまっすぐ客席に対峙している感じがして、なんか見てて「楽しませてもらってる」感があって嬉しいのよね。あ、でも春さまの悪く言えば客席を置いたままどこまでも行っちゃう芸風が、シリアスなお芝居のときにものすごい緊張感と迫力を生み出してるのかもしれないとも思った。春さまが一声発したとたんに、劇場の空気がビシッと引き締まる瞬間は、あれは掛値なく凄いものだ。

■寿美さんといえば、ショーのなかで「竹とんぼ」を踊っていて、それがすごく良かった。竹とんぼを飛ばす仕草がすごくリアルだったし、その仕草をどこで使うかというような演出も効果的だった。なんかこう胸がスカッとする感じで「上手い!」と思ったわ。

| author : datura | category: 写真::大衆演劇 | comments (2) | trackback (0) |


「安太郎時雨」。

観たい!観たことない!
9割下ネタ・1割二代目に殴られてる・・・春さまが変なメイク・・・

これ以上の芝居・・いや見世物があるのか??ってくらいそそられますなぁ(>▽<)
平日の芝居もやはりあなどれない花吹雪・・・ お見事!!
| みか | EMAIL | URL | 2008/07/25 09:15 AM | YrjgnZ2o |

いやぁ、ホントあなどれないですわ。花吹雪。
まさか、この期に及んでこんな隠し玉があったとはっ!って感じです(笑)
| datura | EMAIL | URL | 2008/07/26 12:42 AM | uwFxvHcg |











http://d-side.net/sgn/tb.php/5494

PAGE TOP ↑