7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

劇団花吹雪 朝日劇場 3/21 昼
新開地以来、まるまる三ヶ月ぶりの花吹雪。去年の5月、木馬で見た「浪人街」をどうしてもどうしても、もう一度見たかったので、無理やりこの日に観劇。朝日劇場は去年一度だけ入ったのだけど、そのときは用事があって三部の途中で席を立った。写真もあまり撮らなかったので、気持ち的にはお初の劇場。私が行ったときはすでに補助席しか残ってなかったけれど、幸い、前のほうが空いていたので、ポジションは悪くない。しかも朝日は照明が明るいので、めちゃめちゃ撮りやすいではないですか!と思って、まぁ、実際撮れてないわけじゃないんだけど、家に帰って落ち着いてみてみると、なんか違う。うーん。18-200mmで絞り優先でISOはオートでシャッタースピードの最低値を200にしといて、撮った画像を液晶でチラ見しながら露出補正ってのが一番無難だと思ったんだけど、これだけではどうもツメが甘い感じ。何が悪いって、大阪にいる間、1度もパソコンで画像をチェックしてなかったことだ。それしてたらもうちょっと露出対策を練れたと思う。ただ、朝日は背景の照明も綺麗なんだけど、舞台の奥行きがあるから、人物を適正にするとバックが暗くなってしまうし、キメのところでは肉眼で見ても白飛びしてるくらい強いスポットライトがあたるので、思ったよりやっかいな劇場だったかもしれない。

春さま女形「二人静」。最初、写真撮ってる人がほかにいなかったので、我慢してたのだけど、さすがに春さまが出てくるとチラホラカメラを出す人がでてきたので自分も取り出す。この日はミニショーがなかったので、これがほとんど最初の写真。黒無地の着物に山吹色と水色の小物が洒落てると思う。着物は(裏地?にも)地紋が入ってて、小さなラインストーンもついてる。なんというか、本当に可愛らしくて上品でキラキラしてて、あれ?春さまってこんなに綺麗だったっけ?とか思ったら、思わず泣きそうになってしまった。って、あんたいつからそんなに春さま好きなのよ。


春さま立ち「山河」。こっちは髪型も着物も私の趣味じゃなんだけど、踊りは壮大な雰囲気の曲にあっていて良かった。大きく力強い感じで踊る春さまはわりと好きだ。


真ちゃん「吉野の風」。と言っていた気がするけどわかんない。なんか、ちょっと見ない間に、またえらく男っぷりが上がった気がする。


夢ちゃん、曲名わからず。この人はまたちょっと見ない間に、えらく姫っぷりが上がってるし。


ラストショーは春真夢で「お富与三郎」。






■ワタクシ的には、この日はお芝居よりも何よりも、このラストショーがスペシャルだった。「お富さん」のイントロを聞いたとき、そして夢ちゃんがお富さんの衣装で出てきたとき、期待と不安でドキドキして、次に真ちゃんが蝙蝠安で出てきて、これならもう与三郎は春さまに決まりと思って嬉しくて叫びそうになったもの。春さまが出てきてからは、どうか生で台詞がありますようにと息を詰めて祈っていて、ようやっと念願の与三郎の名台詞を春さまの声で聞くことができた。去年の木馬で春さまが個人舞踊で「お富さん」を使って、そのときは台詞がなかったもんだから、それからずーっとやって欲しいと思っていたのだ。三吉では春さまがお富で(与三郎は寿美さん)、それはそれでめちゃめちゃ似合っていたけど、私はどーしてもあの台詞を春さまで聞きたかった。もう、期待に違わずすげー良かった。いや、芝居としてどうだかは知らないけどね。そもそも歌舞伎のだって1回しか見てないし。でもあの声であの台詞は脳髄痺れた。

■目当ての「浪人街」のほうは、身も蓋もないこと言っちゃえば、木馬で見たときのが良かった。台詞や演出で大きく変わったところはないけれど、主役三人を紹介するときと、終幕時のパネルはなくなっていた。たぶん朝日のが劇場設備が整ってるせいだと思うけれど、場面転換もいつもの普通のお芝居と同じくらいスムーズだった。そうなると、結局、木馬で見たときの「むちゃくちゃするな!この人たち!」という驚きがなくなってしまって、後半の立ち回り(そこはやっぱり見ごたえあった)にいたるまでの、芝居の弱さがちょっと目立ったかな。お芝居って、ストーリー知って見るからこそ深く入りこんだり、新しい視点を見つけたりするんだけど、そういうのなかったからなぁ。いくつか笑わせようとする台詞が増えてたけど、私は笑えなかったし(客席は、ぼちぼち受けてた)、前回面白かったところが、台詞が違ってて笑えなくなってたり。

■台詞が違っていたといえば、最初の登場人物紹介のところで、赤牛に対する「今で言うヤンキー」がなくなってた。で、確かに赤牛は前回に比べて、かなり大人になっていた。これに関しては、前回見たときから「赤牛はそういう役じゃないだろう」と思っていたので、すごく良かった。そうだ、それで「ヤンキー」の代わりに、詩吟でお金を貰ってるって説明があったんだ。ということは、赤牛がただ乱暴なだけの男じゃなくて、教養があって、何かしら深い内面を持っていそうな感じになる。それに応じて真ちゃんの演技が、前より落ち着いて「男の子」ではなくなっていたので、母衣が京に行くと言い出してからの赤牛の言動に説得力あったと思うのだよね。だから赤牛の最後は、そこはもう流れもネタもわかっているけど、やっぱりうるっとしてしまった。前回みたいにだだ泣きにはならなかったけど、むしろ心情的には今回のが胸に迫るものがあったなぁ。欲を言えば最後の「いろは」は木馬の幕を使った演出のが絶対に良いと思う。まぁ、私が振り落とし大好きなだけという話もあるが。そのほうが間がいいと思うのよね。

■前回も薄々思ってたけど、やっぱり母衣権兵衛って桜春之丞には役不足。脚本のせいなのかなぁ。ほかの舞台や映画でどうなってるのかわからないけど、なんかやっぱもったいないよなぁ。ただ、それはそれとして今回は春さま、微妙にキャラを変えてきたのは個人的な注目箇所。木馬のときに、役とも時代設定とも合っていないギャグを無理やり入れてきて、「だってこの役目立たなくてつまんないだよっ!」的な、春さま自身のアピールをしていたのが、「あー桜春之丞ってこういうキャラなんだー」という感じですげー面白かったんだけど、今回はちゃんと役のまんまでギャグを入れてきた。しかも、ほかの人の台詞のなかで出てきたものの、特に意味がなかった母衣に関する設定を、ちゃんと拾って使っててびっくり。説明しても面白さが伝わらないので、(ていうかめんどくさいので)しないけど、お新を助けに向かうところ。ああいうの好きだわー。だいたい私は、去年の大人気ないキャラ設定が気に入って、桜春之丞に好感持つようになったのだけど、今回の捻ったアピールの仕方も好き好き。

■終演後は次の予定があったので、急いで劇場を出たのだけど、送り出しの春さまに会えたのでラッキー。与三郎で興奮しすぎて心臓吐きそうな状態のまま走り寄って握手してもらって、勢いのままに「すごく良かったです!あの台詞聞きたかったんで嬉しかったです!」と言い捨てて、ダッシュで駅に向かう。後で考えたら、何が良かったのか、あれじゃぜんぜんわからんだろうが、別にいちいち意味を考えることもなさそうなのでよしとする。っていうか、なんか言いたいことがあるときって(それだけ舞台が良かったということなので)テンション上がりすぎて言葉が出てこないのよね。

その他の写真。
Picasa ウェブ アルバム - datura - 劇団花吹雪 朝日劇場 2009年3月21日

| author : datura | category: 写真::大衆演劇 | comments (6) | trackback (0) |
美しい!写真が美しいですね。肌がきれい!花吹雪ファンなのでよく写真を撮らせてもらっていますが、小さなカメラなので望遠もきかず、又、決めポーズの時は、ライトをいっぱいかけてくれているので白くなることが多いです。遠くまで追っかけて行くと、重いのが苦痛になるのが辛く思えて、ニコンの軽い4倍のデジタルカメラとペンタックスの5倍のデジタルカメラを持っています。でも写真を見るたび゛レベルの低さにいらいらしています。コンパクトカメラで10倍のが出たのでそれにしようか、デジタル一眼レフにしようか、と売り場をうろついたりします。お勧めのカメラやお使いのカメラを記事に載っているかと探しましたが、分かりませんでした。良かったらお教え下さいませ。
| むつみ | EMAIL | URL | 2009/03/27 06:09 PM | 2tIkVVI2 |

コメントありがとうございます!

私が使ってるカメラはニコンの一眼レフ「D300」です。大衆演劇を撮るときのレンズは、ほとんど、セットになっていた「18-200mm F3.5-5.6」を使ってます。カメラを買い換えるなら、やっぱり一眼レフが良いですよ!と思いますが、まぁ、確かに重いです。あと、一眼レフは多少は使い方を勉強しないといけないので面倒かもしれません。

コンパクトカメラは持ってないので、ぜんぜん分からないのですが、一眼レフを買うなら予算で決めてしまって良いと思います。同じ価格帯のカメラなら、どこのメーカーでも同じようなものなので(メーカーによって一長一短はあるけど、決定的な差はない)、あとは売り場で手に持ってみて、シャッターやらボタンの位置が使いやすそうな機種が良いと思います。

去年の5月3~5日の花吹雪の写真は、以前使っていたカメラで撮った写真です。これは初心者向けのわりと手ごろな機種(オリンパスのE-510)ですが、今売ってる安い一眼レフはもっと画質良いはず。

あ、買う前にレンタルショップで借りて使ってみるって手もあります。最新機種はないかもしれませんが、だいたいの使い勝手は分かると思います。私も素人ですし、そんなに詳しくはないので、この程度のことしか言えないのですが、参考になれば嬉しいです。
| datura | EMAIL | URL | 2009/03/28 01:35 AM | uwFxvHcg |

ありがとうございました。なかなか教えてくれる人がいなくて、わかりませんでした。レンタルショップとは気がつきませんでした。早速探して、触らせてもらいます。花吹雪の写真、すごくきれいで癒されています。
| むつみ | EMAIL | URL | 2009/03/28 06:35 PM | 2tIkVVI2 |

私なんかでよかったら、また分からないことあったら聞いてくださいな。
私はまたしばらく花吹雪は観劇できないので、
掲示板に投稿していただく写真が楽しみです(^^)
| datura | EMAIL | URL | 2009/03/28 09:42 PM | uwFxvHcg |

ありがとうございました。こんなんでいいのかな、と迷いながら投稿しています。お気づきの点は又教えてくださいね。
| むつみ | EMAIL | URL | 2009/03/31 01:23 AM | 2tIkVVI2 |

いえ、こちらこそ、いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたしますね。
| datura | EMAIL | URL | 2009/03/31 03:20 AM | uwFxvHcg |











http://d-side.net/sgn/tb.php/5681

PAGE TOP ↑