7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

劇団九州男 木馬館 3/28 夜
うかうかしてたら一週間ぶりの劇団九州男。開演間際に入ったわりには、たまたま良席に座れてラッキー。たぶん2度とこんな良い席で良ちゃん撮ることはないんじゃないかと思う。が、しかしそれが写真に反映されているかというと微妙。いつもは「もっと良い席に座れてたら……」とか言ってるけど、そういう問題でもなかったらしい。ホント難しい。けど、朝日と明生座の後に撮ってみると木馬の照明もけっこういいかも。最近わりと背景まっくらで影くっきりの画が好きなのよね。つーかそういう画が大川良太郎の顔にはすごくよく似合う。

オープニングミニショーのラスト。劇九は曲名のアナウンスがないのでメモはもう諦めた。

いつもなら良ちゃん中心になるのだが、今日はずっと正美ちゃんに躍らせてた。他みんな途中で裏にひっこんじゃうし。

特に意味はないけど、ごちそうさま。てゆーか、まさかこれも狙ってやってるんじゃないだろうな。


舞踊ショーの良さま女形。たぶん長山洋子の「たまゆら」。これはすごい良かった。人形振りもけっこう様になってたし、ビジュアルと踊りと表情が曲に似合ってて雰囲気あった。こういうの好き。






続いて組舞踊にも登場。劇九の組舞踊は小道具も振り付けも凝ってて大好き。これは上に羽織ってる白い着物を着たり脱いだり投げ合って持ち替えたり、いろいろやってて面白かった。






さらに続いて千尋たんと相舞踊。これは弁天小僧菊之助と南郷力丸っすか!?と、めっちゃ盛り上がったんだけど、ちーちゃんの衣装は忠信利平かもしれない。そういや日本駄衛門と弁天小僧以外よくわかんないやと思って、ちょっと検索してみたけどやっぱりよく分からなかった。でもたぶん南郷力丸であってるはず。てゆーか、この衣装は花吹雪の白波五人男と同じじゃないか?


大入りトークの良さま@ご機嫌ナナメ。「さっきの早代わりのときにこめかみの髪が1本だけ抜けて、すごく痛かったー。もうやる気ないー」というようなことをべたべたの関西弁でおっしゃっておられましたよ。やばいわー。めっちゃ可愛いんですけどー。てゆうか、やっぱこの人、上手すぎる。ティッシュとか撒くときの表情も好きなんだよなー。そういえば、大入りじゃないときって、トークコーナーもないんだろうか。


良さま立ち「転がる石」。うわついにこの鉄板曲がきたか。もう何も言うことねーですわ。










ラストショー。ソーランなんとか。衣装とカツラがカッコよくて、それだけで十分なくらいだったが、すっごいアクションあって、しまいには花火まで出てくるド派手な景だった。すげえ。写真思いっきり失敗してるけど、良ちゃんがちーちゃんの頭飛び越えてたり。これほとんど助走なしで驚いた。どうやったんだかぜんぜんわからん。






■今日は近くの席に20代くらいのお嬢さんたちがいたんだけど、ショーで良ちゃんが出てくると、キメのところはもちろん、ちょっとした仕草や表情のところで「キャー!」とか「カッコいいー!」と逐一叫んでて、そのタイミングがあまりにも私のツボと同じなのでおかしくってしょうがなかった。いやぁ、いいリアクションだったわ。

■お芝居は「泪雨三度笠」。去年見た新歌舞伎座でやったお芝居。子役も同じ子を呼んだとか。「あーあれかー」と思ったけど、木馬の前方席で見たらそれなりに面白かった。やっぱ良さまの顔が見えなきゃ意味ないわ。あとは弟分がちーちゃんだったしね(なんか私はやけに千尋たん贔屓だな)。出だしでは、「千尋たんは芝居下手じゃないのに、善人の役をやるとなぜそうわざとらしいの?」とか思ったけど、途中からは自然になって良かった。最後の立ち回りもボリューム的にちょうど良かったし、夜景を描いた紗幕を使って次の場面まで途切れずに殺陣が続くのが上手くできてた。1場から2場への舞台転換のときもその紗幕を使っていて、内側がシルエットで見えたのも面白かった。座長がうろうろしてるーとか、座長がお手伝いしてるーとか。口上のときに良ちゃんが言ってたけど、この芝居って新歌舞伎座のための書き下ろしだったそうだ。へえええ。わざわざ。あれを。

■それにしてもこの芝居って立ち回りのときにいつも以上に良ちゃんのキメがたーーーーーっぷりあるので、写真撮っておけばよかったなーとちょっと後悔している。衣装や役柄はともかく、キメの顔ってホンットにカッコいいんだもん。しかも珍しく真正面から撮れたのに。惜しい。でもお芝居ってなんだかんだ言いつつ真面目に見ちゃうのよね。

その他の写真。
Picasa ウェブ アルバム - datura - 劇団九州男 2009年3月28日

| author : datura | category: 写真::大衆演劇 | comments (0) | trackback (0) |










http://d-side.net/sgn/tb.php/5686

PAGE TOP ↑