7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

桐龍座 木馬館 5/2 夜
正式名称は「恋川純弥劇団桐龍座」なのかな。関西の人気劇団と名高いことだし、良ちゃんとこの親戚だというので興味津々で行ってきた。30分前くらいに行ったら座席はほとんど埋まってた。座席もぼちぼち空いてたけど、写真の撮りやすさ優先でセンターブロックの補助席へ。入り口でポイントカードをくばってた。というか私も貰った。観劇1回でスタンプ1個。10個以上、数に応じていろいろプレゼントが用意されてるみたい。へーへーへー。

■第一部 ミニショー
▼「繁盛ブギ」座長・恋川純弥、副座長・二代目恋川純、恋川真弥
座長と副座長がオープニングで板付きってのが今まであんまり見たことのないパターンだったので、誰が誰やらちょっと混乱した。しかも使用人のカッコだし。うわ真ん中の人めっちゃ華あるなーって、あれが座長さんか!?みたいな。

▼「恋人よ」鈴川桃子、鈴川純加、鈴川かれん

▼「浪漫 -ROMAN-」恋川純、恋川真弥、恋川風馬、もうひとり
ひとり名前の分からない子がいる。公式の劇団員紹介ページに載ってないのでゲストかな? 「あれが噂の恋川純」とようやっと認識しはじめる。若い。可愛い。キメポーズが良ちゃんっぽい(「良ちゃんの真似」という意味ではない)。

▼「王将」たちばなしんのすけ(漢字がわからない。この方もゲストなんだろうか?)
▼「ダンシングオールナイト」座員全員、かな?
女の子?ですごく可愛い子がいたんだけど、他の場面で見分けられなかったので名前は確認できず。曲はオリジナルじゃなくて誰かのカバー。あらためて座長をじっくり見たけど、ポスターや雑誌で見たイメージよりずっと男前だった。まぁほっぺたふくふくなのはそのまんまだけど、写真と違って舞台では立体感があるので、そんなに気にならない。あと目力がハンパない。スタイルもいい。




■第二部 芝居「夜鴉」
伝法院の仁吉(恋川純弥)は親の墓参りの途中で、幼馴染のお峰(鈴川桃子)と久しぶりに再会する。お峰は今は仁天門一家の若頭・弥助(たちばなしんのすけ)の女房となっている。簡単に近況報告をしてすぐに分かれた二人だが、それを見ていた仁天門一家の若い衆・伝次(恋川純)はお峰が浮気をしていると思い込み、弥助の前でまで「あんないい男なら姉さんが惚れるのも無理はない」などと軽口を叩く。ちょうど酒が入っていた弥助はそれを聞いて腹を立て、「間男成敗してくれる」と仁吉の後を追いかけた……。

座長がすごいカッコよくて芝居上手いなー!と思ったんだけど、これ、お芝居そのものはあんまりピンとこなかった。何が悪いってわけでもないんだけど、なんなんだろうな。もっといいかげんでご都合主義全開の芝居なんていくらでもあるんだけどな。伝次は本気でお峰が浮気してると思ったのか、からかっただけなのか? 弥助にそれを言ったのは冗談だったのか、何も考えてないのか、酒が入ると手がつけられない暴れ者になる弥助(冒頭でそういう前振りがあった)が、仁吉に喧嘩を売ることを予想しなかったのか? 伝次がお峰に横恋慕しているという描写があるので、あわよくば弥助が仁吉に返り討ちになれば良いと思ってた可能性が高いと思うのだけど、伝次は最初から最後まで明るくてちょっとお調子者って感じなので、そういう企みをしそうなタイプにも見えない。伝次の扱いが違っていたら、もうちょっと筋がはっきりしたんじゃないかと思う。

お調子者の伝次が笑い担当みたいになってたけど、基本的には真面目な芝居。くさすぎず、軽すぎず、きっちりしていたという印象。転換4回の5場はちょーっとたるかったけど、それは席が丸イスで疲れやすかったせいかもしれない。

お芝居後の口上は純弥座長。こんな真面目そうな口上をする人は初めて見たかもしれん。いや、他が不真面目ってことではないが、わりと口上って「この人面白いわー」とか「フレンドリーだなー」とか思うことが多いので新鮮だった。顔だけ見たら若いみたいだけど、物腰とかすごく落ち着いてるから、なんか年齢不詳、と思ってさっき調べたら昭和54年生まれだった。まだ30前なのね。…………。って、良ちゃんより年下かよっ!? グッズ紹介のついでに新人の女優さん3人(鈴川やや、ありさ、ななみ)も紹介してた。3人とも10代だとか。へえええ。前売り券の販売はなし。

■第三部 舞踊ショー
▼「リンゴ追分」純弥、真弥、風馬、あと1人
曲はサザンのカバーバージョン。
▼「心凍らせて」桃子
▼曲不明「♪我に一分の勝機あり/織田のうつけと笑わば笑え」純
前日の章劇といい、紋付袴が続くなぁ。こういうの好き。扇子の扱いがすごく上手い。

▼「東京砂漠」~「Vanilla」純弥
東京砂漠は中森明菜バージョンでしっとり、後半はがっつりアクティブに盛り上がる。なんかこういう衣装とカツラは花吹雪を思い出すわー。そういえば良ちゃんの立ちでは、この手の着物見たことないや(ぜったい持ってそうだが)。扇の使いがめっちゃめちゃ上手くてへこむ(何故)。

▼「運命」純、桃子
倖田來未、かな。前の景で座長が封筒を落としていったみたいで、それを純ちゃんが拾う→桃子さんが受け取って、やはり床に落ちていたクリップで純ちゃんにつける→握手。とかやってて、後半では純ちゃんが桃子さんにつけなおしてた。キメポーズのとこで、未練ありそうな顔で封筒を見つめたりするのでうけた。
▼「情炎」純弥・歌
座長が歌ってると、前景の衣装のままの純ちゃんがこそこそっと寄ってきて、座長の前でひざまずく→さっきの封筒を座長の胸につける→座長が手を差し出してるのに気がつかず帰りかける→やっぱり気がついて握手してもらう、とかやってた。封筒ひとつで上手く遊ぶなぁ。

▽ここで大入りの手打ちとティッシュ?撒きがあったと思う。撒くのは座長のみ。BGMもなかったし撒くほうも客席も淡々としてたなぁ。
▼「夢さすらい」真弥、風馬、もう1人

▼曲不明「♪暗いネオンのこの裏町/涙にじんだ裏通り」大門力也(この人もたぶん客演)
▼曲不明「♪心を決めて帰りたい」風馬、かれん

▼「壷坂情話」純(女形)
舞踊ショーの個人でこんな地味な着物は始めてみたかもしんない。ちゃんと歌に合わせてんのね。繕い物したり、かまどで火をおこしたり、細かい仕草が、ホンットにかたぎのお嫁さんっぽくて感動した。もうめっちゃ可愛い。嫁になりたいとか、嫁にしたいとかじゃなくて、息子の嫁にしたい!って感じの可愛らしさ。あーこれは確かに一見の価値はあるわ。
▼「恋鼓」純弥(女形)
▼曲不明「♪押しの一手に女は弱いのよ/私飛べない恋千鳥」純(女形)、真弥、風馬?
再度女形で登場。これもすごい可愛かった。芸者っぽい歌と衣装だけど、どうみても生娘。水揚げさせてくれー!って感じの可愛らしさ。



▼曲不明(木遣くずし?) 純弥(女形)、純加、かれん
座長も女形2曲目。ここは座長と副座長がたくさん出てきていいなぁ。って、他の座員さんのファンだったらあれかもしれないけど。やっぱ馴染みのない劇団だととりあえず座長・副座長クラスの人の出番が多いほうがお得感あるのよね。まぁ、私は馴染もうが馴染みなかろうが座長メインで見るタイプのようだが。

▼「宗右衛門町ブルース」風馬
▼「千日草」鈴川真子
▼「へっちゃらブギ」真弥
▼「橋場の渡し」戀川白峰
「初代恋川純さんのトークが面白い」という噂を聞いてたので楽しみにしてたんだが、踊りしかなかったので残念。なにせ九州男さんの弟さんということなので期待してしまう。
■ラストショー「花の慶次」純弥、純、真弥、風馬(かな?)
モノトーンの裃ですっきりシンプルに……と思ったら座長と副座長の紋がシャネルだった!それは初めて見たよ!


■劇団全体の印象としては芝居もショーも真面目そうな感じなんだけど、舞踊とか衣装とかちょこちょこっとあざとい感じもあって、あんまりこれっていう特徴は分からなかった。とにかく「座長は生で見たらカッコイイよ!」というのと「副座長の女形は異常に可愛いよ!」というのが初見の感想。あーあと座長がものすごく芸達者という感じはしたな。そうそう、今まで木馬で見た劇団のなかで、一番照明機材の量が多かった。ただ、あんまり写真向きのライティングではなかったので個人的にちょっと辛いところだな、と。

その他の写真。
Picasa ウェブ アルバム - datura - 桐龍座 木馬館 2009年5月2日




| author : datura | category: 写真::大衆演劇 | comments (0) | trackback (0) |










http://d-side.net/sgn/tb.php/5728

PAGE TOP ↑