7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

ぷしゅう
どこかの何かが変な音してる。それにしても、春のおどりのDVD。去年の武生の講演会で大ちゃんが「どうにかなるかもしれませんよ?噂ですけど」とか不確実きわまりない発言をしておられたが、ホントに出るとは。もちろん逡巡するまでもなく買うに決まってるんだが、「うわー!出るんだー!やったー!」というよりは「ああ……………出るのか……………そうか……………(涙)」という感じ。そりゃ出ないよりは出たほうがぜんぜん良いのだけど、あんまり嬉しい気持ちにはなれない。むしろ辛くて泣きたい。大ちゃんの退団公演を思い出すのが私は辛い。

いや、公演そのものは突っ込みどころも含めてすごく良かったし、これでもかってくらいカッコイイダンス満載だったし、大ちゃんが美しくて可愛くて可愛くて、「私はそんなに可愛い大貴さんは好きじゃないっつーのにでもやっぱり可愛い」ってくらい可愛くて、しかし大ちゃんだけを見てるのがもったいないくらい、他のみんなも凄かった。ダンスはもちろんだけど、橋4人とか、ポイズンアイビーのカップルとか、クラブチェリーの従業員とかキャラ立ってたし。私が大ちゃん以外で一番DVDに入れてほしいと思ったのは「ムーライトセレナーデ」のこころちゃんの垂直リフトのとこ。引きでもいいから映ってるといいな。

とかとかとか。うん。まぁ、やっぱり良い作品だったのだけど、しかしもーあの千秋楽の辛さはトラウマもので、思い出すだけでベコベコになるのだ。しかもその後パッタリ大貴さんの舞台を見ることがなくなってしまったので、傷はぜんぜん癒えてない。さすがに2年も経てば表面乾いてるけど、瘡蓋の下はぐちゃぐちゃだもの。退団後も普通の舞台とか普通に出てたら、たぶん徐々にクールダウンできたと思うのだけど、ガッチガチにのめりこんでいた頂点でバッサリ切られたわけだから、いまだに感情の整理がついてないのだと思う。大ちゃんを見ていて楽しいことも嬉しいこともいっぱいあったのに、それよりも何よりも千秋楽の辛さが一番生々しい。大ちゃんがいなくなることだけじゃなく、世の中すべてを恨みそうになるのが辛かった……と、言ってると、どんどんダークサイドに引っ張られてしまうな。やめやめ。

今日はお稽古風景がアップされたよ。なにやら不思議なセンスのお稽古着の大ちゃんは、なんだか妙に可愛らしい。そして名倉先生がカッコイイ。そういえば名倉先生の振り付けと木川田先生の音楽が同じ公演で揃うのは久しぶりな気がする。すごい楽しみ。主演の人は好き好きあると思うけど、OSK(OG)のダンスと名倉先生の振り付けと木川田先生の音楽のコンボなら鉄板で傑作になりそうな気がする(「気がする」だけなら「鉄板」じゃありません)(だっていろいろ心配なんだもの)(素直に新作に期待できないのはOSKファンの副作用)。このコンサートの話を聞いた大貴ファンはどいつもこいつも開口一番「集客大丈夫なの!?」と言ってたみたいだが、限定200枚のDVDにつられて「じゃあ、ついでに見てみようかしら」と思ってくれる人はいないだろうか。


| author : datura | category: 日々 | comments (0) | trackback (0) |










http://d-side.net/sgn/tb.php/5737

PAGE TOP ↑