7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>

良さまっ
懲りずにサウンドステーションの演歌チャンネル。読み書きしないですむ仕事のBGMだったら悪くないかも。基本的に最近の曲がかかるのかな。聞いたことない曲がほとんどだけど「カサブランカ・グッバイ」と「黒い花びら(オリジナル)」が聞けた。あと舞踊ショーとは関係なく、イントロ聞いただけでめっちゃめちゃテンションあがったのが「すきま風」。ぐああ。やっぱ名曲だ。小学生の頃、好きな曲といったらこれだったので親が首をかしげていたが、今にして思うとあの世代の小中学生なら珍しくなかっただろう。今よりずっと時代劇がポピュラーだったもん。同時にジュリーも大好きだったのでただのミーハーである。

そういえばどんなのを見ていたっけ?と気になったので、ちょっと検索してみた。「暴れん坊将軍」「大江戸捜査網」「大岡越前」「木枯し紋次郎」「子連れ狼」「三匹の侍」「新五捕物帳」「桃太郎侍」「銭形平次」「遠山の金さん」「水戸黄門」。「あーこれ好きだったわー」という記憶があるのはこれくらいか。「鬼平犯科帳」とかも見てるはずだけど、あんまり記憶がない。やっぱり小学校低学年くらいの頃が一番見てたのかな。っていうか、そのくらいの年頃だと単に親の選んだチャンネルを見てただけなんだろうな。「仕事人」はわりと自主的に見てたはずなんだが、何が良くて見てたのか覚えてない。「木枯し紋次郎」と「子連れ狼」はよく弟と真似して遊んでた。どっちもかなり作風暗いのに、子供にうけてたのがすごいよな。


| author : datura | category: 日々 | comments (0) | trackback (0) |










http://d-side.net/sgn/tb.php/5739

PAGE TOP ↑