7/12~20@京都南座
 レビュー in KYOTO Ⅲ

 www.daikimakoto.net
 DAIKIMAKOTO net
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
PROFILE
POWERED BY
OTHER
SEARCH
CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>

Treasure 3
OSKの舞台を見るようになってから「名倉加代子の振り付けすげー!」と思うようになったのだけど、名倉先生ご本人の姿はほとんど意識したことがなかった。松竹座でも見かけたことがあったのかもしれないけど、覚えがない。そごう劇場は狭いせいか、初日のロビーではっきりとわかった。というよりも、天下の松竹座公演ならともかく、大貴さん個人の、(名倉加代子の仕事のなかでは)こんなに小さな舞台を引き受けてくれたのが嬉しくてありがたくてしかたがなかったので、それまで以上に印象が強かったのだと思う。それに公演の少し前に大貴さんのサイトのお稽古場写真を見て、容姿も知っていたし。

あのお稽古場写真においては、私も、私のまわりの大ちゃんファンも口を揃えて「大ちゃんより名倉先生のがカッコいい!」と言っていたものだが(いや、あの写真のなかでは、大ちゃんは「可愛い」だから)、実際の名倉先生もそれにたがわず、たいそうカッコいいお方であった。普通に立っているところと、普通に歩いているところを見ただけなのだけど、単純に「姿勢がいい」っていうだけじゃなくて、本当に美しい立ち姿だった。細いし、それほど長身というわけでもないのに貫禄ある。上下黒で、パンツ姿だったせいか「元男役トップスター」と言われても違和感がなかったな。しかもロビーにいるときに、少しだけ話し声が聞こえたのだけど、これがまたすっごい良い声。低くて落ち着いてるけど、暗い感じはぜんぜんない。スパスパした話し方だけど、角がなくて暖かみがあって、思わず惚れた。いくら一瞬見かけただけの印象とはいっても、あそこまでカッコいい女の人というのは、どうやったら出来上がるのだろうな。公式サイトで生年月日見てたまげたわ。

というわけで、プログラムによせた文章のなかで、名倉先生が大ちゃんのことを「大貴ちゃん」と呼んでるとこに萌えまくっているのであった。<「というわけで」じゃねーよ。


| author : datura | category: OSK&大貴誠 | comments (2) | trackback (0) |
名倉加代子さん、どんな人かな、と検索してお顔を拝見しました。以前にスタジオナンバーワンダンサーズでしたか、見た覚えがありました。ずいぶん昔です。ずっとがんばって踊られていたんですね。踊りは好きな方なのでうれしいことだと思いました。
| むつみ | EMAIL | URL | 2009/05/27 11:30 PM | Wsoj5Xq. |

名倉先生の著作に「踊りつづけて」というタイトルがあって(今度読んでみようと思ってるんですが)、まったくその通りの人生ですよね。ほんとに凄いと思います。
| datura | EMAIL | URL | 2009/05/28 12:16 AM | 64ICc2cI |











http://d-side.net/sgn/tb.php/5761

PAGE TOP ↑