Twitter Weekly Updates 2011-9(3)

2011年 9月 19日 月曜日

9月ってこんなに暑いもんだったっけ。昼はともかく夜も毎日蒸し暑くて水シャワーとアイスノンがかかせない。やらないけないこともやりたいことも「涼しくなってからー」と先送り中。そして週末は大貴さんのお茶会(とOSKの三越劇場公演)。楽しくて楽しすぎてなんか追い詰められてる気分。それ、喜んでるんだろ、お前。

続きを読む »

少女不十分/西尾維新

2011年 9月 14日 水曜日

帯には「西尾維新、原点回帰にして新境地の最新作」とか「この本を書くのに10年かかった」とか書いてある。で、本文は「小説で生計を立てるようになってからおよそ十年になるけれど、未だ小説というものを書いた覚えがない」という一文から始まる。小説というものを書いたおぼえのない小説家はなぜ自分がそう思っているかについて、そして自分が小説家になるきっかけとなった事件を、一人称で語りだす。一瞬「西尾維新の自伝か?」と思ってしまうような仕掛け。しつこく「これは現実のことだから」と念を押されるので、そう思わないといけないような気になってしまった。力技すぎる。

私は西尾維新の本はほとんど持っていて、しかもできるだけ発売日に手に入れたいと思うくらいには愛読者なので、この仕掛けはけっこう面白かった。けど、その部分はあくまでひっかけであって、この本で初めて西尾維新を読むという人でも特に問題はないと思う。この仕掛けにひっかかっても、ひっかからなくても、面白いと思う人は思うし思わない人は思わない。私だったらどうだろうな。たぶん西尾維新を知らなくても面白いと思ったんじゃないかな。

わりと地味に淡々と進むし、異能バトルとかないし、ミステリーでもないし、けっこう先が読めちゃうとこもあるし、ご都合主義というか強引なところもあるし、すごくよくできたお話ってこともないけど(主人公に言わせれば「お話じゃなくて現実」だからしかたないのか)、でもなんか好き。面白いと思うのは主人公が事件に巻き込まれていく過程かな。主人公の頭の中って三重構造くらいになってて、理解してること、見えているけど気づいてないこと、あえて無視していることとかが混沌としている。

いーちゃんとか阿良々木暦とかもそうだけど、ごくごく自然に自分について嘘をついている。嘘と言ったら言い過ぎかもしれないけど、本来は混沌として説明のつかない状態を文章化することによって生じるズレがあって、最後まで読むとそれが透かしのように浮き上がってきたとこが面白かった。あと最後のところで主人公自身が告白する「テーマ」も良かった。なるほど、だから私は西尾維新が好きなんだねぇとうっかり納得してしまった。

ただ、これはいつものことだけど西尾維新の小説の主人公が、自分がいかに他人に対して無関心だとか異常な性格だとかを語っていると、私はいまだに落ち着かなくなる。「そんなこと本気で言ってるの?」と言いたくなる。まぁ、西尾維新の小説に出てくる人はたいがい環境か能力が異常だけど、性格は普通だと思うのだよね。多数派の共感を得るために書いてることであって、作者自身が本当はどう思ってるかは関係ないはずだけど、しかし、まぁ、落ち着かないものは落ち着かない。

とかとかとかと書いていて、ふと、もういちど「最後に浮かび上がってきた主人公が事件に巻き込まれた本当の理由」について考えてみた。主人公自らいろいろ語ってはくれているけれど、実はものすごくシンプルに心配だったから、だよな。いーちゃんや阿良々木くんとかとやっぱ似てる。そう考えると西尾作品の主人公の自分語りの痛々しさは若さとかを表現するための仕掛けみたいなもんかな?って気もしてきた。

あ、表紙のイラストも好き好き。よくこんな風に書けるなぁ。リコーダーを押し当てた頬がちょっとへこんでるとことか、逆光でフレアっぽくなってる光の感じとかすごい。

少女不十分 (講談社ノベルス)
少女不十分 (講談社ノベルス)

Twitter Weekly Updates 2011-9(2)

2011年 9月 12日 月曜日

お仕事してお仕事してお仕事してる。11日はおおきなかなしいできごとから10年目だったり半年だったりしたけれどもお仕事してた。それは私にとってはとてもとてもありがたいことなんだよね。なんとか頑張ってるけど先行きに明るい要素はなんにもないから、いろいろなことに対してどう考えたらいいのかわからなくなる。それでも、今のところはまだネットとかで自分の知らないことを聞きかじるだけでもしておこうと思うのだけど、それすらもそのうち追いつかなくなるような気がする。年内の予定をガチガチに決めてしまって、それもまたありがたいことではあるんだけど、どうなることやら。バイトいっこ辞めたら余裕できるとか無理ですから。

続きを読む »

Twitter Weekly Updates 2011-9(1)

2011年 9月 5日 月曜日

そんなこんなで9月突入。夏の間かなりうだうだしてて、それなのにパソコン新調しちゃったりしたもんだからけっこうやばい。しかしそれはそれとして今月は大ちゃんのお茶会があるのでテンションは高い。その元気がうまく他にも流れるといいんだけどもねー。あと夏の間にニコンの一眼新製品のニュースがなかったのが地味にショックで今月こそは!と期待している。いや、新機種出たってすぐには買えないけどさ。年明けにはなんとかならんかと皮算用中。

続きを読む »

鏡の告白/中村うさぎ

2011年 9月 1日 木曜日

図書館本。「『普通の女性』たちが次々に病んでいく理由ネット依存や、拒食・過食、リストカットなど、現代に生きる多くの女性が生活に疲れ、苦しんでいる。彼女たちが追い込まれてしまった理由を、気鋭の作家が探る。」「なぜ、いつも我慢してしまうんだろう。失恋。不倫。過食。メール中毒。ペット依存。暗闇から脱出した10人の女性たちと、中村うさぎとの対話。FRaU好評連載を単行本化。」

と、amazonの紹介文をそのままコピペして「以上!」って感じ。いろんな人に話を聞いているけれど、生の言葉よりも中村うさぎの再構築した物語という感じ。もし自分だったらこんな風に他人に咀嚼されるのは嫌だな。しかもあとがきで「苦しんだ分、我々は、なにかしらのご褒美をもらえるであろう」って書いてるけど、それ、うさぎさんが言ってもぜんぜん説得力ないですよーっ!みたいな。私自身は、苦しみから抜けだした経験、あるいは苦しみそのものがすなわち宝物でありご褒美であるという考え方を否定はせんのだけど、中村うさぎが言ってるのはそれとはちょっと違うみたいだし、そもそも中村うさぎの他の本を読んでると、そんなご褒美なんて自分でもぜんぜん信じてないんじゃないかと思うので、どうもしらじらしく感じてしまった。

あと著者近影が気になる。美容整形しまくるくらいなら、もうちょっと綺麗に撮った写真使えばいいのに!と激しく思うのだけど、そういやこの人は整形して「自分の顔に責任がなくなった」とか言ってたので、そういうことなんかなぁ。いや、見るからに気取りまくってたり、逆に気取ってなんかいませんと言いながら自意識過剰が滲み出まくってる著者近影もなんだけどもさ。それにしても妙に視線が中途半端でなぁ。そんで髪の毛ちゃんとセットしてるっぽいのに、なんか後れ毛がぼさぼさしてるように見えるのも嫌。普通だったらこの辺は著者本人より編集者を問い詰めるべきかと思うけど、中村うさぎの場合は本人の希望だったりしそうなので本当に謎。

4062143062鏡の告白
中村 うさぎ
講談社 2007-10-25

by G-Tools

人生張ってます―無頼な女たちと語る/中村うさぎ

2011年 9月 1日 木曜日

図書館本。「無頼な女たち」は岩井志麻子・西原理恵子・斎藤綾子・花井愛子・マツコ デラックスという面々。これはもう普通に面白かった。「鬼に会いに行く」とは違って、普通の対談だから中村うさぎの解釈や思考がどうとかはあんま関係ないような感じになってて、相手の言葉が比較的ストレートに伝わってくる。けどこういう風に話が盛り上がるのは、中村うさぎだからこそなんだろうなぁ。

岩井志麻子は中村うさぎの他の本でもちょいちょい名前が出てくるから、なんとなくイメージはあったけど、こう、まとまって話を聞くと思っていた以上に変な人だった。すげえ。あと意外だったのが西原理恵子。私は(最近ぜんぜん買ったり読んだりしてないけど)そーとーサイバラ好きだったけど、なんかすごく「へ?こういう人だったの?」と思った。漫画で自分のこと書いてるのと、基本的には同じようなことを話してて、まぁ、そりゃ面白いことは面白いんだけど、なんか読んでるうちに、すごくこっちの気持ちがよどんでくるんだよなぁ。サイバラは自分のこと「腹黒い」みたいなことを言うけど、漫画を読んでる分にはあんまり私には伝わってなかったみたいだ。対談ってすでに編集されてるものではあるけど、漫画に比べたらずっと生々しくてちょっと怖かった。なんだろうなぁ。「性格が悪い」「腹黒い」とか言ったら中村うさぎだってそうだし、リアルでもそう思う人に会ったことあるけど、こういう「怖い」「気持ち悪い」って感じは覚えがない。それが漫画だとふつーに「面白い」と思えるのだから、サイバラはやっぱり漫画が上手いのだな。

4093873909人生張ってます―無頼な女たちと語る
中村 うさぎ
小学館 2002-07

by G-Tools

Twitter Weekly Updates 2011-8(4)

2011年 9月 1日 木曜日

ついに8月も終了。今年ももう終わりだよ。もうすでに空気は秋っぽい。夜とかうっかりすると寒いくらい。パソコン新しいの買った。涼しくなったことだし、いろいろ頑張らないと。と、思うだけは思う。

続きを読む »

XPS8300セットアップメモ

2011年 9月 1日 木曜日

こういうのメモっておいても次にパソコンを買うときには役に立たなくなってる可能性が高いのよね。と思いつつメモメモ。

◆パーテーション作成。
Windows上から利用できるフリーのパーティション操作ソフト「EASEUS Partition Master Home Edition」 – GIGAZINE

◆データフォルダ移動。
富士通Q&A – [Windows 7] 個人用フォルダーの「マイドキュメント」や「マイピクチャ」などのリンク先を変更する方法を教えてください。 – AzbyClub サポート : 富士通

◆旧PCのiTunesのデータを整理、移行。
iTunes:iTunes ライブラリを外付けハードドライブにコピーしてバックアップする

◆プリンタドライバインストール。

◆アプリケーションインストール
Google Chrome(インストール後同期)
google 日本語入力
CLaunch
ViewNX 2
クリップNOTE
OpenOffice.org
Dropbox
Evernote

Twitter Weekly Updates 2011-8(3)

2011年 8月 22日 月曜日

8月も後半。金曜日にすごい雨が降って、そっから一気に涼しくなった。また暑くなるんだろうけど、少なくとも夜は楽になりそうだ。その分働かなきゃならんの、だ、け、ど(働けよ)。あとGoogle+の招待状が届いた。思えばmixiもgreeも同じ方からいただいてるのだった。Facebookに比べたらかなりとっつきやすい印象で、とりあえず手当たり次第にフォローして見てるけど、さてどうなることやら。

続きを読む »

Twitter Weekly Updates 2011-8(2)

2011年 8月 17日 水曜日

二言目には「眠い」「だるい」だが、地味に頑張ってはいる。だいたいここしばらく家でぜんぜんお酒飲んでない。氷水がぶ飲みしてばっかり。外食も控えめ。なのにいっこうに痩せる気配がないという理不尽。

続きを読む »